webライター

WEBライターをおすすめする理由。私がライティングスキルを習得して良かったこと【体験談付き】

収入アップ・スキルアップのために、何か新しいことを始めたいなあ

なんでもいいから手っ取り早く始められるものはなんだろう?

WEBライターがおすすめと広告によく出てくる実際どうなの?

という方のために、

今回はWEBライターをおすすめしたい理由と、私自身がライティングスキルを習得してよかったことをまとめてみました。

WEB業界の仕事にはどんなものがあるのか?

まず、一般的なWEB業界のお仕事について簡単にご紹介していきますね。

WEB広告運用

Web上に表示される広告をリアルタイムで運用・管理していくお仕事です。

費用対効果を出し、広告の改善を行いながらKPIの向上や販売促進などを目指します。

主な仕事としては広告出稿にあたっての適切な媒体の選定、入札価格の調整、予算配分や配信・出稿スケジュールの管理などがあり、

どのような広告枠に出稿するかによって細かな業務内容は変わってきます。

SNS運用

InstagramやTwitterなどのSNSを運用し、企業の認知拡大や購買意欲の促進、集客のための施策等を行うお仕事です。

個人のビジネス拡大のためにSNSを運用する場合と、企業のアカウントの運用を代行する場合があり、それぞれのSNSのアルゴリズムを理解した上で仕事を進めていく必要があります。

WEBデザイナー

WEBサイトのデザインや広告を出稿する際のクリエイティブを作成するお仕事です。

PhotoshopやIllustratorなどのデザイン系のソフトの操作が必須スキルとなってきます。

ただおしゃれなサイトやクリエイティブをデザインするだけでなく、わかりやすいサイトの操作や動線やユーザビリティの高いデザイン能力が求められます。

コーディングの技術があれば、複雑なデザインも可能になってお仕事の幅も広がるので、コーディングの知識もある方が有利です。

WEBライター

WEBに欠かせない文章を作成するお仕事です。

企業のブログや、サイト記事の文章作成、クリエイティブに使用するコピーなど、仕事内容は多岐にわたります。

紙面のライターとは違い、WEBライターはSEOを考えながら適切なキーワードを選定してライティングを行うため、WEBマーケティングの知識もあったほうがいいでしょう。

手軽に始めたいなら、WEBライターがおすすめ

すぐに仕事に取り掛かれる

文章を書くということは、みなさん小学生のころからやっていることではないでしょうか?

WEBデザイナーであれば、PhotoshopやIllustratorの知識やスキルが必須になってきますが

WEBライターは特別なスキル取得の必要はないので独学でも始めやすいお仕事です。

また、初心者歓迎の案件が多かったり、記事のライティングだけでなくキャッチコピーの作成やSNSに使用するコピーの作成など案件の種類も多岐にわたるため

比較的収益化に繋がりやすい印象です。

時間と場所に縛られない

ネット環境とパソコンさえあればいつでもどこでも執筆加能なのがWEBライティングです。

お家やカフェなどその日の気分で仕事の場所が選べるので、フリーランスといえばの働き方ができますよね。

また、時間の面では副業での活動を考えている方でも通勤時間や休憩時間など

隙間時間を使用して活動しやすいです。

私が副業でWEBライターの活動をしていた時は、通勤時間や休憩時間にリサーチ、仕事終わりの時間に一気に執筆。

という形で作業を進めて、無理なく収益をあげることが出来ていました。

知識が広がる

記事の執筆であれば、最初は自分の知っている知識の案件を獲得して

ライティングに慣れてくれば、知らない分野の内容でも自分で調べて執筆を進めていくことも出来ます。

どちらにしろ情報を精査していく作業が必要があり

知っている知識を記事にする際には知識の深掘りが、知らない分野の知識を記事にする際には単純に新しい知識をインプットすることができますよね。

さらには、深掘りやインプットした知識をわかりやすくまとめて伝えることが必須になるため

思考力のトレーニングになり、論理的に考える力が鍛えられます。

私がライティングを勉強してよかったこと

インスタもデザインも動画も広告運用も、どこを見渡しても文字が並んでいますよね。

どのビジネスをしていこうにもライティングのスキルは必須になってくるために

どの分野でも活かせるスキルなので、やっておくに越したことはないと思っています。

ライティング次第で人を興味付けし、集め、アクションを促すことが出来る。

とても面白い仕事だと思いませんか?

収入の面でも副業でプラス4•5万の収益から、本気で取り組めばそれだけで暮らしていける程の収益を得ることが出来ます。

私自身まだまだ未熟でトップライターの方々に比べれば貧弱なレベルですが、

ライティングのスキルを勉強していたことで、いろんな面に役立てることが出来ているので

自分次第で可能性が大きく広がるスキルを勉強していてよかったと感じています。

まとめ

以上、副業やフリーランスを目指す方に、WEBライターをおすすめする理由と、私自身がやってよかったことでした。

なにをすればいいのかな?実際WEBライターってどうなの?という方の参考になればと思います。

RELATED POST