Kindle端末デビュー!コロナ対策・読書して「おうちで過ごそう」

デジモノ(iPhone・Mac・etc), アイテム

とうとう私もKindleデビュー♬

Amazonプライム会員登録したのをきっかけに、電子書籍で読書に勤しもうかなぁと。

学生の頃(どんだけ昔…)は読書好きだったのに、社会人になってから長いこと活字離れしてたので、また読書しようかなと(ーー;)

休日は外出自粛の流れなので、ちょうどいい。

 

ということで、買うかどうか悩んでいたKindle(キンドル)の電子書籍リーダーを買っちゃいました!

Wi-Fi 4GB ブラック 広告つきのタイプです。

Paperwhiteと迷いましたが、とりあえず読めればいいやと思い、安いものにしました。こちらの方が軽いし。

Kindleはスマホアプリ入れてるんですが、直接目を照らさないフロントライト方式で目に優しく紙のように読みやすいというのがずっと気になっていて、Kindleで電子書籍を本格的に読むのであれば!と思い、とうとう買っちゃいました。

 

Kindle端末本体と、USB 2.0充電ケーブル。

 

ではいよいよ立ち上げです。

届いた時点で少し充電されていたので、そのまま電源が入れられました。

 

まずは言語を選びます。

 

wi-fi専用端末なので、wi-fiに繋がないことには始まりません。

自宅のwi-fiの設定をします。

 

セットアップ中!

セットアップ自体は指示に従うだけで簡単だったのですが、1つだけループして先に進めない箇所がありました。

同じところでひっかかっている方が多いみたいでした。

すでに登録済みのAmazonのログイン情報を入れた後、二段階認証を設定していると、二段階認証のコードを入れた後、またログインを求められ、同じことを繰り返す…先に進めず。

この解決法として、二段階認証を無効にしてからKindleでログインする、という方法をしている方が多かったのですが、以下方法でも対応できるとの情報を得て、私はそちらで行いました。

パスワード欄に、パスワード+二段階認証の数字を入力

パスワード:XXXXXX111111
※Xがパスワードで1が認証コード

こちらで無事先に進むことができました♬

 

Kindleカバーは純正だと高いので、1000円くらいのものをみつけて購入。

こちらのTiMOVOのインディゴのケースにしてみました。

 

なかなかいいです。悪くない。

 

このデフォルトの画面の壁紙は毎回変わります。

 

印刷の偽物の画面がサンプル機にはめてあるように見えます。

本体が軽いのも手伝って、おもちゃみたいですw

紙の本を読んでる感ってこういうこと?w

 

このカバーでも、カバーを閉じれば本体がスリープ状態になるので便利だし、なかなか気に入ってます♬

 

厚みはこんな感じ。

 

充電はここから。

 

読書専用端末なので、タブレットみたいに他のことはできませんが、一度充電すれば、数週間利用可能というのがいいですよね。

ちょうどKindle端末に3ヵ月のKindle Unlimited無料体験がついてきたので、200万冊以上の本・マンガ・雑誌・洋書が読み放題♬

端末と純正ケースのセットだと1000円OFFだったのですが、私は純正ケースにせず単品購入だったので、プルダウンから「3ヵ月分のKindle Unlimitedつき」が選択可能でした。

また、広告つきにしましたが、読書中に広告が出てくるわけでもないので、全く気になりません♬

 

今読んでるのは、宣伝会議の「伝わっているか?」。

さくさく読める感じで、なかなかおもしろい!

 

↓ケースはこちら