うまみがギュッと詰まった、茶師厳選の極みだしで炒飯♬

2019-12-20レシピ・料理, 日記

お茶の山口屋さまより、茶師厳選の極みだしをモニターさせていただきました。

 

今回は、8g×3パックをお試しでいただきました。

このだしは、焼きあごや鯖節などの魚介のだしに、福岡県産の八女の玉露をブレンドしたというもの。

八女茶のカテキンが魚特有の生臭さを消してくれて、魚介の風味をまろやかにしてくれるのだそう。

 

パックを煮出すだけで本格的なだしができちゃうお手軽調味料。

1パックで約3〜5人分のだしが取れるそうです。

基本は、約800mlの水を入れた鍋に1パック入れて、沸騰したら2〜3分煮出して取り出します。

 

パックから粉末を出して、ハンバーグや炒めものの味付けに使ってもOK。

 

もちろん、このだしパックを水で煮出して、お味噌汁などにするのもいいです。

 

色々ブレンドされてるのがわかります。緑のは玉露ですよね!

舐めてみると、思った以上に甘い!

砂糖とはちょっと違うし、だし辛さがなくて、これが旨味ってやつかなーというおいしさですね。

テレビ番組「所さんお届けモノです!」でも紹介された商品とのことで、なにやらこの番組内で、このだしパックを使ったチャーハンがふるまわれたようで、これがとてもおいしそう!

お試しには3パック入っていたので、1パックはチャーハンにしてみようと思い、早速作ってみました♬

 

番組を見ていたわけではないため詳しいレシピはわからないのですが、ネットで検索したところ、おそらく1人前で1パックみたいで、味付けはこの極みだしのみ!

しっかり味がついていて、おいしい!

また、だしをとったあとのパックの中身を、下茹でしてみじん切りにした大根の葉と一緒にフライパンで乾煎りしてふりかけにしてもいいのだそう。無駄がなくていいですよね♬

 

🐰公式サイト:茶師厳選の極みだし

コエタスでモニターさせていただきました☆