完熟した八珍柿をまるごと使用した柿酢「ぱしもんビネガー」

美容・健康

ぱしもんビネガーNo.830」をモニターさせていただきました。

ぱしもんビネガーは、新潟市西蒲区の名産品である、完熟した八珍柿(はっちんがき)を100%使用した柿酢です。

「八珍柿」は、平核無柿(ひらたねなしがき)という品種の渋柿で、その名のとおり種がなく、きめ細かい果肉とやわらかい食感が特徴なのだそうですよ。

 

ぱしもんビネガーには、No.830とNo.880とあって、今回いただいたのはNo.830の方。

No.830は、八珍柿果汁が30%使用されています。

いつものお酢代わりに使用するだけで、気軽に柿の豊富な栄養素を取り入れることができます。

ちなみに、No.880の方は、八珍柿果汁が80%使われていて、酸味が少なくフルーティーな味わいなのだそう。

 

ちなみに、聞き馴染みのない商品名の”ぱしもん”という言葉ですが、英語で柿を意味する”パーシモン”が由来なのだそうです。

 

お酢なので、ドレッシングやすし酢にも使えますが、5~6倍に水で希釈すると果実酢の健康ドリンクとしても使えます。

柿酢は通常の黒酢に比べて、およそ3倍のカリウムが含まれていて、他にもポリフェノールやビタミンC・亜鉛などの栄養素が豊富なのだそうです。

 

炭酸水で割ってみました。

お酢のドリンクは夏場にもさっぱりしておいしいですよね。

すし酢として使ってみたいなという興味だけあるものの、なかなかする機会がなくてまだ試せていないのですが、健康にも良いし、おいしそうです。

先日はドレッシングとして使ってみました。

柿酢30mlにオリーブオイル10ml、塩少々、ブラックペッパーとお手軽レシピ。

また、アイスクリームやヨーグルトにかけるのもおいしいそうです。

今度試してみたいと思います♬

 

 
🐰公式サイト:ぱしもんビネガー

コエタスでモニターさせていただきました☆